2タイプあります | さらに避妊確率を上げたいなら、ヤスミンを使おう!

2タイプあります

「2タイプあります」のイメージ画像です。

一般的に低用量ピルと呼ばれるピルには、大きく分けて2種類存在しています。
それが「21日タイプ」と「28日タイプ」になります。
ではこのふたつの違いは一体なんなのか?

低用量ピルというのはいろんな医薬品の中でもかなり特殊な飲み方が必要で、どちらを選ぶにしても毎日1錠ずつ飲み続けることが重要です。
21日タイプと28日タイプだったらなんとなく28日タイプの方がお得感があると思いますが、特にその差はありません。
つまりどっちのタイプを選んでも、結果はまったく何も変わらないということ。
じゃあ何のために分かれているのかというと、28日タイプの方にはプラセボという偽薬が余分についているのです。
実は低用量ピルは21日間飲み続けて、そこから1週間の休薬期間を設ける必要があります。
そして休薬期間が終了したら、再度21日間飲むことになります。
この休薬期間中に、28日タイプの方を選んだ人はプラセボを飲む必要があるわけです。

なぜわざわざ何も効果のないプラセボを飲まないといけないのかというと、復帰する際に忘れないようにするためです。
1週間という期間が相手しまうと人によってはうっかり復帰することを忘れてしまう場合があります。
それを防ぐためにプラセボを飲み続けることによって、自然と復帰できるようになるわけです。

ただヤスミンの場合は21日タイプしか存在しないので、休薬期間中は何も飲まずに過ごすことになります。
だからヤスミンを使う人は、ちゃんといつ復帰しなければいけないのかをメモしておくようにしましょう。
そうすれば誰でもヤスミンを安全に使えると思います。